エアトランク

ワンランク上の収納サービスで、上質な生活空間を手に入れる

お申込みに関するお問い合わせ先

050-2018-0742

受付時間:平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:00

収納王子コジマジックさんにきいた10の質問

コジマジックにきいた10の質問

「片づけ」は、永遠の悩み。日々のことだけど、なかなか継続して、うまくはできないもの。そこで、テレビ・雑誌などでも活躍し、2000軒以上の家を片づけてきた収納王子コジマジックさんに10の質問。これで、家も家族も大丈夫な「片づけ」のコツを教えて!!

Q1.「片づけ」ができるとどんな良いことがありますか?
片づけが苦手でもやる気になる、おいしい話教えて!

これはよく聞かれるんですが、いつも「片づけの3大お得」を伝えます。
1=時間のお得、2=お金のお得、3=心のお得です。

1=時間のお得ですが、統計的に片づけが苦手な人は1日約10分の探し物をするというデータがあります。1日10分は、1年間で3650分。これって約60時間。つまり約3日間ですから、旅行に行けますよね。片づけをして探し物がなくなれば、今と同じ生活をしていても、旅行するくらいの時間のゆとりができるんです。

そして、2=お金のお得。片づけが苦手な人は、キッチンを見るとすぐに分かります。というのもキッチンは家の中で最も細かいアイテム数が多い場所なんです。調理台の下の引き出しを開けると、物がぎゅうぎゅう詰め。その原因の1つは同じようなモノがたくさん置いてあるから。しゃもじが8本なんて主婦の方もいました(笑)。整理が苦手で物が見つかりにくく、不要な2度買い3度買いを繰り返す…。これが減れば、無駄なお金がものすごく節約できますよ。

最後に3=心のお得。片づけをお手伝いした家にその後お邪魔すると、「夫婦喧嘩が減りました!」「子どもとの会話が増えました!」「家族の笑顔が増えました!」と嬉しいお言葉をいただきます。1の時間もまさにそうですが、モノを探す時間なんて本当に嫌ですよね。それがなくなれば、イライラもなくなって、笑顔が増える。これは一番の価値だと思いますね。「片づけ」には良いことしかありません。ぜひやってみてください!

Q2.多くの人がよく間違えている収納方法って何?

しまい方ですね。大事なのはまず、よく使うモノを家の収納スペースにしまうことです。みんな逆で、あまり使わないモノを収納して、よく使うモノは出しておく。すると収納スペースには使わないモノがどんどん溜まっていってあふれしまい、大事なモノを収納できなくなって家が狭くなる。

まずは収納スペースにあるモノ全部出す。次に使っているモノと使っていないモノに分ける。そして使っているモノだけをしまう。使っていないモノは譲る、売る、寄付するなど。使用頻度の低いモノやどうしても手放したくないモノはエアトランクへ。

そうすることで自分にとって本当に大切なモノが何かを知ることができ、そのモノを大切にする心が生まれるんです。

Q3.片づけがなかなか進まないのですが、
どこから手を付けるといいですか??

自分がよく使う場所からが良いと思います。料理好きならキッチンとか、ファッション好きならクローゼットとか。ロフトから片づけてもあまり使わない場所ですから、片づけの効果を実感しにくいんですよね。自分が好きなモノの場所、よく使う場所であれば、スッキリした爽快感や探し物がすぐに見つかったりとすぐに効果を実感できる。するとほかの場所も片づけてみようと思えて、これが継続に繋がるんです。だから、自分のよく使う場所からが良いと思いますよ。

Q4.簡単に片づけ上手になる方法を教えて

血液型によって片づけが苦手とか得意とか言われますが、片づけのコツさえ知れば誰でも片づけ上手になれるんです。
それは“出す⇒分ける⇒しまう”。この順番でやることです。

片づけをするというと、みんなモノをしまうことから始めます。で、しまう収納スペースはぎゅうぎゅう。一時的に片づけたは良いけれど、だんだんモノが溜まっていって、いつしか入らなくなって、入りきらないモノでまた散らかる。

だからしまうよりも先に、まずモノを出してみる。そして使っているモノか、使っていないモノかで分ける。その判断は3秒以内で行ってください!迷った場合は1年以内に使ったかどうかで決める。最後は使っているモノだけをしまう。
使っていないモノは譲る、売る、寄付するなど。使用頻度の低いモノやどうしても手放したくないモノを置くスペースがないならエアトランクに預ければ良いわけです。

Q5.クローゼットが服でいっぱい。どうすれば良いですか??

まず、オンとオフのシーズンの服を分けてみてください。そうすると、今すぐに着ないシーズンの服が結構あるものです。「冬に旅行で南国に行くから夏物が必要になる」というような時は、エアトランクならすぐに持ってきてもらえますから(笑)

あとはかける服とたたむ服で分ける。たためる服がかけるスペースを取っているっていうケースも結構ありますから。それから私のお勧めは、ハンガーを同じ色・同じ素材・同じシリーズのモノで統一する。その際にハンガーの本数も決める。すると、決まった数のハンガーの中でクローゼットをデザインしたくなって、結果的にハンガーを無理やり増やしてまで無駄な洋服を買わなくなりますよ。