エアトランク

ワンランク上の収納サービスで、上質な生活空間を手に入れる

お申込みに関するお問い合わせ先

050-2018-0742

受付時間:平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:00

トランクルームで生活できる?生活した場合のリスクなども交えて解説

トランクルームで生活できる?生活した場合のリスクなども交えて解説

トランクルームは、自宅の収納スペースを確保して生活空間を有効活用するために利用するサービスですが、電気や空調が整っているところも多く、生活できてしまうのでは?と考える方もいるようです。今回は、トランクルームで生活ができるのか、もし生活した場合にどんなリスクがあるのかを解説していきます。

 

 

トランクルームは生活上すぐに使わないものを預ける場所

 

 

トランクルームは、季節ものの洋服や電化製品、レジャーやアウトドア用品など“日常生活において頻繁に使うものではないけれど必要なもの”を預けることで、収納スペースを確保し、生活空間を有効に使うために利用するサービスです。

 

 

トランクルームは近年、都市部を中心に続々と登場し、利用者も急増していますが、その中でも特に空調管理やセキュリティが行き届いた屋内型のトランクルームが人気です。

 

 

電気が通っていて空調管理やセキュリティも行き届き、24時間出入りが可能なうえにトイレ付きの物件まであるため、もしかすると生活できてしまうのでは?と考える方もいるかもしれません。

 

 

それでは、実際のところ、トランクルームで生活することはできるのでしょうか?

 

 

トランクルームで生活できる?

 

 

トランクルームとは“荷物を預かるサービス”のことで、その多くは倉庫業者が倉庫業法に則って国土交通大臣の認可を得てサービスを提供しています。

 

 

一方、トランクルームと似た形態でレンタル収納スペースがありますが、レンタル収納スペースは“スペースを貸し出すサービス”で、多くは不動産業者が不動産賃貸契約に基づいて提供しているサービスです。

 

 

トランクルームは荷物の出し入れを業者に依頼するか、業者立ち会いのもとで行われることが一般的ですが、レンタル収納スペースはセキュリティカードや鍵などを発行してもらい、自分で出し入れを行うのが一般的です。

 

 

厳密に言えば、前項の「24時間出入りが可能なうえ」というのはレンタル収納スペースを指しますが、近年ではトランクルームとレンタル収納スペースの違いが曖昧になってきており、同義として使っている方も少なくありません。

 

 

少し話が逸れましたが、前述のように、そもそもトランクルームはスペースを貸し出す訳ではなく、荷物を預かって管理するサービスですので、生活はできません。

 

 

生活できるのでは?と感じるのは、どちらかというとトランクルームではなくレンタル収納スペースの方でしょう。

 

 

トランクルームと違って、荷物を保管するスペースを貸し出しているレンタル収納スペースについては、不動産賃貸契約に基づいたサービスなのだから、借りた後は自由に使えるのでは?生活できてしまうのでは?と思う方もいるかもしれません。

 

 

ですが、やはりレンタル収納スペースでも住居や事務所、店舗などでの使用を禁止しているところがほとんどですので、生活することはできません。

 

 

つまり、トランクルーム、レンタル収納スペースいずれにおいても生活はできないというのが結論です。

 

 

トランクルームでの生活は原則禁止、利用規約をしっかり守って快適に使おう

 

 

「作業中にうっかり居眠りしてしまった」などと言い訳して、生活を試みることはやめましょう。

 

 

監視カメラに記録が残っているでしょうし、入退室時間などもセキュリティカードに記録されているはずですので、うっかりなのか、生活まがいのことをしているのかは明白です。

 

 

規約で禁止されているにも関わらず、生活していたと見受けられる実態が明らかになれば、即解約および違約金の発生はもちろん、生活している期間に何かあれば損害賠償を請求される可能性も出てきます。

 

 

逆に、もし仮にトランクルームやレンタル収納スペースでの生活がOKになってしまったらどうでしょう?

 

 

不特定多数の人が生活する訳ですから「荷物が盗難に遭う」「誰かが火災を起こして大切な荷物や人命までも奪ってしまう」といったリスクも発生するほか、人目につきにくいため、犯罪の温床にもなりやすいでしょう。

 

 

セキュリティ面のこうしたリスクのほかに、食事、洗濯、入浴などの設備もありませんので、やはりトランクルームやレンタル収納スペースで生活することは考えないことが賢明です。

 

 

生活する場所に困っていて、トランクルームやレンタル収納スペースでの生活を考えるような場合は、国土交通省が運用している住宅セーフティネット制度を利用したり、近年需要が拡大しているシェアハウスを利用したりしましょう。

 

 

トランクルームやレンタル収納スペースは、生活空間ではなく不特定多数の方の大切な荷物が預けられている場所です。

 

 

みんなが安心かつ快適に利用できるよう、規約はしっかり守りましょう。